< Back

紳士淑女の集まる地下の隠れ家「Wine Bar LUZ」のアイデンティティデザイン。

店を格上げする、キャッチーかつユニークなVI。隠れ家のように集まるバーであってほしいという願いを込めて。

 Wine Bar LUZ(ワインバールース)は越谷市の南越谷・新越谷駅のすぐ近くにある地下のワインバーです。メイン通りから一本外れた通りに位置すること、地下への階段に阻まれ店内が見えない作りであることが、当初、店の地元への周知に影響を与えていました。
 私たちはそれを逆手に取り、店の強みであると捉え、「ワインのファンたちが集まる知る人ぞ知る隠れ家」をコンセプトとして掲げ、それを元にブランディングデザインを構想していくことに。
 生まれたのは、一度目にすれば忘れられない、まるで映画館パンフレットのようなキャッチーなデザインのメニューブックです。元から存在した店のロゴには階段のモチーフが取り入れられていたため、それをメインビジュアルの各所にちりばめつつ、高級感とキャッチーさのバランスを重視したデザインが完成しました。